エルム観光の取り組み

貸切バス事業者安全性評価認定を取得

※貸切バス事業者安全性評価認定制度はこちら http://www.bus.or.jp/safety/

運輸安全マネジメントの取り組み

当社では輸送の安全を確保するために、遵守すべき事項を定め輸送の安全性の向上に全社をあげて取り組んでいます。

1.輸送の安全に関する基本方針

  • ●輸送の安全を最優先し、お客様に安全を提供致します。
  • ●輸送の安全確保が事業の根幹であることを認識し、安全確保に全力を尽くします。
  • ●輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(PDCA)を確実に実施し、安全性の向上に努めます。
  • ●輸送の安全性に関する情報については、積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する重点施策

  • ●輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  • ●輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  • ●輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  • ●輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
  • ●輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

3.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

平成28年度目標  追突事故、車内事故の徹底撲滅(車内外の重大事故) 0件

達成状況 平成28年度実績 0件

4.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

(平成28年度実績)

種別 転覆 転落 火災 踏切 死傷 その他 合計
件数 0 0 0 0 0 0 0
負傷者数 0 0 0 0 0 0 0

5.行政処分の公表

平成28年度においてはありません

6.安全対策実施要項

  • (輸送の安全)
  • ①交通事故、災害等発生時における救護等についての教育。
  • ②交差点通過時の安全確認の徹底。
  • ③タコグラフを活用し、速度超過者を指導。
  • ④道路の危険箇所を把握し、情報を共有化。(社内掲示等)
  • (健康管理)
  • ①定期健康診断の実施(有所見者の確認・追跡調査)
  • ②テレビ電話導入による出張先での徹底したアルコール検査。
  • (社員教育の実施)
  • ①事故惹起者への個人指導。
  • ②ヒヤリ・ハット情報を収集し、事故防止対策の検討並びに事故防止教育に取り組む。
  • ③運行管理者、運行管理補助者の教育。
  • ④安全講習会の開催。
  •  
  • (その他安全関連対策費)
  • ①ドライブレコーダーの導入
  • ②適性診断の受診

7.事故、災害等に関する報告連絡体制

緊急連絡体制

8.安全管理規程、安全統括管理者

安全管理規程

安全統括管理者 運行部統括部長 森 暁